会員ページ


  • 会員ページ
  • 会員加入約款同意

会員加入約款同意

利用規約

利用約款

第1条 総則


第1条 (目的)

本約款は一般社団法人脊柱管内治療研究会(以下、`ウェブサイト‘という。)にて提供
するインターネットサービス(以下、‘サービス`という。)の利用条件および手続
きに関する基本的な事項を規定することを目的とする

TOP

第2条 (約款の効力及び変更)

① 本約款はサービス画面若しくはその他の方法により利用顧客に公示する事でそ
の効力が生じる。 ② ウェブサイトは、その約款の内容を変更することができ、変更された約款は第①項のよ
うな方法でもって公示又は通知することでその効力が生じる。

TOP

第3条 用語の定義

本約款において使用する用語は下記のとおりである。
① 会員:ウェブサイトとサービス利用契約を締結するか利用者IDの付与された個人また は団体のことを言う。
② 申請者:会員加入を申し込む個人またはン団体を言う。
③ アイディ(ID)会員の識別とサービス利用のために会員が決めてウェブサイトが承
認す
る文字と数字の組み合わせを言う。
④ 秘密番号;会員の付与されたIDと一致された会員であることを確認し、会員自
身の秘密を保護するために定めた文字と数字の組み合わせを言う。
⑤ 契約解除:ウェブサイト又は会員がサービス利用契約を取り消しすることを言う。

TOP

第2章 サービス利用契約


第4条 利用契約の成立

① 利用約款の下端の同意表示を押すことで、本約款に同意することと見做される。
② 利用契約はサービス利用希望者の利用約款同意の後、利用申込に対する承諾で
成立する。

TOP

第5条 利用の申込

① 利用申込者が本サービスを利用するためにはウェブサイト所定の加入申請書の要求す
る利用者情報を記録して提出しなければならない。
② 加入申込書に記載されるすべての利用者情報はすべてが実際のデーターである
ものと見做される。実名や真の情報を入力しない限り、利用者は法的保護を受け
られることができないのであり、サービスの制限を受けることができる。

TOP

第6条 利用申込者の承諾

① ウェブサイトは、申込者に対する第2項、第3項の場合を除いてはサービス利用申込を
承諾する。
② ウェブサイトは、次の事項に該当される場合は、その申込に対する承諾制限の事由が解
消されるまでその承諾を留保することができる。
イ)サービス関連設備に余裕がないとき
ロ)技術上の支障のあるとき
ハ)その他ウェブサイトが必要であると認めるとき
   ③ ウェブサイトは次の事項に該当される場合は、その承諾を拒むことができる。
     イ)他人の名義を使用して申込されたとき
     ロ)利用者情報を虚位で記載して申込したとき
     ハ)公序良俗にに反する目的で申込したとき
     ニ)その他ウェブサイトの所定利用申請要件に満たされないとき

TOP

第7条 利用者情報の入力

会員は利用申込の際に記載した会員情報が変更された場合は、自らオンライン上で
修正しなければならないのであり、修正変更しないことで生じうるすべての問題の
責任は会員本人に返すべきである。

TOP

第3章 契約当事者の義務


 第8条 ウェブサイトの義務

①ウェブサイトは会員に対して、次のサービスを提供する。
イ))新規サービスとドメイン情報に対するニュースレーターの発送
ロ)追加登録時の個人情報の自動入力
ハ)その他各種会員に対する付加サービス
  ② ウェブサイトはサービスの提供と関連して取得した会員の個人情報を会員の同意なく他
人に漏洩、公開又は配布することができないのであり、サービスの関連業務以外の
商業的目的で使用することができない。但し、次の各号は例外である。
イ) 関連法令により国家機関の要求のあるとき
ロ) 犯罪に対する捜査上の目的や情報通信倫理委員会の要求のあるとき
ハ) その他関連法令の定めた手続きによる要求のあるとき
③ ウェブサイトは本約款の定めたところにより持続的、安定的にサービスを提供する義務
がある。

TOP

第9条 会員の義務

① 会員はサービス利用時に次の各号の行為をしてはならない
イ)他会員のIDで不正に使用する行為
ロ)サービスで得られた情報をウェブサイトの事前承諾なく、会員の利用以外の目的で複
製したり、これを変更、出版及び放送等に使用したり、他人に提供する行為
ハ)ウェブサイトの著作権、他人の著作権等のその他の権利を侵害する行為
ニ)公序良俗に反する内容の情報、文章、図形等を他人に流布する行為
ホ)犯罪と関連されると客観的に判断される行為
へ)その他関連法令に違反される行為
② 会員は内容別にウェブサイトがサービス公示事項を掲載したり、別途公示する利用制限
を順守しなければならない。

TOP

第4章 サービスの提供と利用


第10条 会員IDと秘密番号管理に対する会員の義務

① IDと秘密番号に対するすべての管理は会員本人にその責任がある。会員に付与さ
れたIDと秘密番号は管理不在、不正使用等により生じるすべての結果に対しては
その責任は会員本人にある。
  ②会員は自分のIDが不正に使用された場合またその他の保安規定違反に関して、ン会
員はその旨をウェブサイトに通報しなければならない。

TOP

第11条 サービス利用の制限及び停止

  ①本ウェブサイトは、戦時、事変、天災地変又はこれに準ずる国家非常事態が発生したり、
発生する恐れのある場合は電気通信事業法による基幹通信事業者が電気通信事業
を中止するなどその他不可抗力的な自由のある場合にはサービスの全部又は一部
を制限又は停止することができる。
  ②ウェブサイトは、第①項の規定により、サービスの利用が制限又は停止したときには遅滞
なく会員に知らせなければならない。

TOP

第5章 契約事項の変更、解除


第12条 情報の変更

会員が住所、秘密番号等の顧客情報を変更したいときは、ホムページ上の会員情報変更サ
ービスを利用して変更することができる。

TOP

第13条 契約事項の変更

会員はサービス利用契約を解除することができるのであり、開場する際には本人が直接
サービスを通じて、オンライン等でサイトの解除申込をしなければならない。サイトは解
除申込を受け付けられた当日より該当会員のサービス利用を制限することができる。サ
イトは会員が次の各号に該当され、利用契約を解除する場合は、解除措置7日前まで
その旨を利用顧客に通知し、疎明する機会を与えなければならない。
 ①利用顧客が利用制限規定を違反したり、利用制限期間内に制限事由を解消しないとき
 ②情報通信委員会が利用解除を求めるとき
 ③利用顧客が正当な事由なく意見陳述に応じないとき
 ④他人名義で申込したり内容の虚位記載又は虚位書類を添付してして利用契約を締結し
たとき
サイトは上記規定により解除された顧客に対しては別途定めたt期間の間その加入を制
限することができる。

TOP

第6章 損害賠償


第14条 免責事項

① サイトは会員のサービス提供により期待される利益を得られなかったり、サービ
ス資料に題する取捨選択又は利用により発生する損害等に関してはその責任が免除
される。
 ② サイトは会員の帰責事由又は第3者の行為によりサービスに障害が生じたり、会
員のデーターが棄損されたときはその責任が免除される。
③ サイトは会員が掲載又伝送した資料のない世に関してはその責任が免除される。

TOP

第15条 管轄裁判所

 サービスと関連して、サイトと会員間に紛争が生じたときはサイトの本社所在地を管
轄する裁判所を管轄裁判所とする。

TOP

サービスと関連して、ウェブサイトと会員間に紛争が生じたときはウェブサイトの本社所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とする。
(施工日) 本約款は2019年1月より施工される。

TOP

個人情報の処理方針

収集する個人情報の項目

当社は、会員登録、相談、サービス申請などのために以下のような個人情報を収集しています。

  • - 収集項目 :
  • - 個人情報の収集方法 : ウェブサイト(サインアップ)
個人情報の収集及び利用目的

同社は、収集した個人情報を次の目的のために利用します。

  • - サービス提供に関する契約履行及びサービス提供による料金精算

    購入と料金決済、物品配送または請求地などの発送

  • - 会員管理

    会員制サービス利用による本人確認、個人識別、不良会員の不正利用防止と不正使用防止、加入意思の確認、年齢確認

個人情報の保有及び利用期間

当社は、個人情報の収集及び利用目的が達成された後は、例外なく、その情報を直ちに破棄します。